今、多くの企業がグローバル化が

進んでいることで英語力を持っている

人材を求めています。

 

また、人気企業や大手企業では

TOEICのスコアをESや履歴書に

記入することを求められます。

 

そのため、TOEICについてきちんと

知らないといけません。

まず、どのくらいのスコアが必要かは企業によって変わります。

 

一般的な企業を、受けるときに

必要なスコアは600点です。

人気企業を目指すなら730点が、

最低基準です。

 

大手企業で海外で働くことを将来目的にしてる方は、TOEICの点数が

高いことはもちろんですが

実際に話せることも大事です。

 

日常会話、ビジネス英語が

できないといけません。

 

これにより、自分が働きたい

企業によってTOEICの目標点数が

分かり、就活をしていく上で

自分の軸になります。

 

また、TOEICの点数を求められ

ていない企業であっても、

TOEICの点数が高いと自己アピールの

ひとつにもなります。

 

TOEICのスコアは、入社してからも

昇進や部署決めにも関わます。

今、学生のうちに英語力を身につけ

社会人になってからレベルアップ

していけば、活躍する場が広がります。

TOEICは重要な武器であり、

私たちの就活に役に立ちます。

 
しかし、これから就活本格化に

なるこの時期で、TOEICを受ける

ことはESや履歴書の提出をする

ことや説明会参加と並行して行わない

といけないので、生半可な気持ちで

TOEICを受けるのはオススメしません。

 
内定のためにも、自分の就活計画を

立てておきましょう。